昨夜のNHKの番組で

フィンランドの小学校の国語の実演授業を放送していた。

某タレントがクラスに参加し

子供達と一緒に学ぶというスタイル。

一方的に教師が知識を教えるのではなく、

子供たちにあるキーワードを与え、

そこからたくさんの言葉を連想し、つなぎ合わせ

そして一つのストーリーを創り出していくという授業。

それは我々日本人が受けてきた国語授業のスタイルと真逆で

自分の頭で考えて連想し、表現力を積み上げていくという視点に立っている。

ある意味ではかなり高度な方法であるが、

小学低学年からこのような学習の積ねがあるからこそ

フィンランドの教育レベルが世界一を誇っているのだ、と納得した。

日本の初等教育も一定の評価はあるが

均質的、画一的ゆえに、思考力を育てる土壌が軟弱なのは否定できない。

これからのグローバル社会に日本人が生き抜いていくためには

柔軟な発想をもつ子供たちを

小学生の早い時期から育成せねばならないだろう。

中学受験問題などは思考力をチェックする側面はあるが

やはり中学入試勉強を本格的にやる以前、低学年のうちに

しっかりとした国語教育の構築が不可欠だろうと思う。

中学受験勉強が知識の詰め込みに陥らないためにも

日本は、初等教育の改革を一刻も早く行うべきである。